投稿

陣痛はなぜ痛い!?ズバリお答えしましょう。

陣痛は「鼻からメロン」など、その痛みの程を様々な表現で長年言い伝えられてきました。なぜそれほどまでに痛いのでしょう?その明確な答えを聞いた事がある方は実は意外に少ないのではないでしょうか。以下がそのメカニズムです。

怖い ⇨  緊張 ⇨ 痛み  FTPシンドローム

二十世紀初頭のイギリス人産科医であるDr. ディック•リードが提唱したFTP理論です。

 

 

ママに「怖い」という恐れの感情があると体が「緊張」し、呼吸が浅くなります。するとどうなるのでしょうか?

子宮は下記の図にある様に筋肉で構成されています。子宮口は縦の筋肉が収縮することによって開いていく訳なのですが、緊張して子宮口がロックされてしまうと、縦の筋肉ばかりが引っ張られて痛みが生じるわです。ロックしてしまうと分娩が長引く原因になり、結果として医療介入が必要なことへと発展してしまいます。

ヒプノバーシングの講義ではクライアントさんの潜在意識下に積もっている「恐れ」にアプローチし、ヒプノセラピーのテクニックを使ってポジティブなものへと変換していきます。ここが他のラマーズ法やソフロロジーetcと一番大きく違う点です。

ヒプノセラピーとは
  催眠と呼ばれる変性意識状態を利用して潜在意識に働きかけ
  心因性の問題の軽減・解消を図るセラピーです。
  1959年には英国医師会、1958年には米国医師会と米国心理学会が
  有効な治療法と認めています。

どうアプローチしていくかは長くなるので別な機会にブログでアップしていきますね。(日本では催眠=スピリチュアルなものと思われがちですが、ヒプノバーシングで使う催眠は全てエビデンスに基づいた生理学的アプローチです。

 

参考までに子宮は筋肉で出来ていますのでスポーツで使う筋肉と比べてみましょう。

短距離走の選手の場合:

正常な状態で走っているとき、まず足の後ろの筋肉が動き、そのあとに前の筋肉が動きます。この筋肉の動きは、意思に基づき、脳からの指令で行われているのですが、最新の研究からは、意思に関係なく働く自律神経も、筋肉に重大な影響をもたらすことが明らかになっています。緊張や焦りが生じると、自律神経が作用し、筋肉をこわばらせる「反射」という現象を過剰に引き起こしてしまいます。速く走るよう精神的なプレッシャーがかかると、本来交互に動くはずの筋肉が、同時に動き、『逆にスピードダウンしてしまうわけなのです』。 ⇦ 出産に時間がかかってしまうのと同じメカニズムですね。

                   『大事なのは リラーーーーックス』