投稿

陣痛はなぜ痛い!?ズバリお答えしましょう。

陣痛は「鼻からメロン」など、その痛みの程を様々な表現で長年言い伝えられてきました。なぜそれほどまでに痛いのでしょう?その明確な答えを聞いた事がある方は実は意外に少ないのではないでしょうか。以下がそのメカニズムです。

怖い ⇨  緊張 ⇨ 痛み  FTPシンドローム

二十世紀初頭のイギリス人産科医であるDr. ディック•リードが提唱したFTP理論です。

 

 

ママに「怖い」という恐れの感情があると体が「緊張」し、呼吸が浅くなります。するとどうなるのでしょうか?

子宮は下記の図にある様に筋肉で構成されています。子宮口は縦の筋肉が収縮することによって開いていく訳なのですが、緊張して子宮口がロックされてしまうと、縦の筋肉ばかりが引っ張られて痛みが生じるわです。ロックしてしまうと分娩が長引く原因になり、結果として医療介入が必要なことへと発展してしまいます。

ヒプノバーシングの講義ではクライアントさんの潜在意識下に積もっている「恐れ」にアプローチし、ヒプノセラピーのテクニックを使ってポジティブなものへと変換していきます。ここが他のラマーズ法やソフロロジーetcと一番大きく違う点です。

ヒプノセラピーとは
  催眠と呼ばれる変性意識状態を利用して潜在意識に働きかけ
  心因性の問題の軽減・解消を図るセラピーです。
  1959年には英国医師会、1958年には米国医師会と米国心理学会が
  有効な治療法と認めています。

どうアプローチしていくかは長くなるので別な機会にブログでアップしていきますね。(日本では催眠=スピリチュアルなものと思われがちですが、ヒプノバーシングで使う催眠は全てエビデンスに基づいた生理学的アプローチです。

 

参考までに子宮は筋肉で出来ていますのでスポーツで使う筋肉と比べてみましょう。

短距離走の選手の場合:

正常な状態で走っているとき、まず足の後ろの筋肉が動き、そのあとに前の筋肉が動きます。この筋肉の動きは、意思に基づき、脳からの指令で行われているのですが、最新の研究からは、意思に関係なく働く自律神経も、筋肉に重大な影響をもたらすことが明らかになっています。緊張や焦りが生じると、自律神経が作用し、筋肉をこわばらせる「反射」という現象を過剰に引き起こしてしまいます。速く走るよう精神的なプレッシャーがかかると、本来交互に動くはずの筋肉が、同時に動き、『逆にスピードダウンしてしまうわけなのです』。 ⇦ 出産に時間がかかってしまうのと同じメカニズムですね。

                   『大事なのは リラーーーーックス』

ヒプノバーシング ベビー誕生!

6月11日、ヒプノバーシング ベビーのアラン君が穏やかに誕生しました。
ブルーグレーの瞳がとっても素敵なハンサムボーイです❤️
子宮の波(陣痛)の真っ最中にママからとても嬉しいメッセージを頂きましたのでご紹介したいと思います。

『こんなに幸せな気持ちでお産に臨むことができるなんて生きていてよかった、生まれて良かった、と心から思います。波と波の間の静かな時間に幸せすぎて感動して涙を流す事もありました』

『こんなにお産はハッピーなんだよ、と沢山の人達に知ってほしいです』『Pay Forwardで私も誰かに幸せを伝えていきます』

もう感動で涙。

最初は『痛がりなんです』と不安そうだったママの表情がセッションを受けるごとに明るくなり、最後は不安や恐れから解放されて出産が待ち遠しくなっている様子がとても嬉しかったです。

波(陣痛)の間、彼女は真っ青な澄んだ海で旦那様に抱えられながらイルカと戯れていたそうです。イメージの力は凄いですねー。ちなみに私はハンググライダーをずっとやっていたせいかフワフワの雲の上に乗っていました(^^)

赤ちゃんが誕生する度に抱っこ出来るこの幸せ!これからのベビー達の成長がとても楽しみです。

バースプランの重要性 『良き患者である前に良きママであれ!』

最近は病院でバースプラン(出産時の希望)の提出を求められる事が増えてきました。が、初産のママの多くは

「一体何を書けばいいのだろうか」

と困ってしまう事が多いのではないでしょうか。ですが、バースプランは出産においてとても重要です。ヒプノバーシングのクラスではこのバースプランにたっぷり時間をとってレクチャー致します。

あなたとバースパートナーが、あなたと赤ちゃんにとって最も自然で、優し く、満足のいく出産にするためにはどうしたらいいか、明確なビジョンを持っていたなら、「あのとき、あ の人たちが、、、しなかったら。。。」「本当は、、、、したかったのに。。」と後悔することはなくなるでしょう。

出産があなたと赤ちゃんにとってポジティブで健康で安全なものにするために は、しっかり準備をし、プランを作ることが一番です。

まずは、あなたの出産がむやみに『医療的な出来事』にされることのないように、あなたの 望みや哲学を聞き入れてくれるメディカル・ケアギバー(医師、助産師、看護師等)を選ぶ 必要があります。

次に、医師や助産師の方と妊娠の早い段階から話す機会を持ち、出産前ぎりぎりまで先延ばしに することがないようにしましょう。そして、あなたにとって大切なことを具体的にプランに 書いて渡します。

ヒプノバーシング のクラスではお産の開始時、入院時、開口期、赤ちゃんの下降時、赤ちゃんの誕生時、又、生まれた赤ちゃんに対しての対応など細かく細かく具体的なプランを作成していきます(A4 x 4枚)

例えば会陰切開について:

深くリラックスしていきまず出産に臨む時、赤ちゃんはゆっくり会陰を伸ばしながら生まれてくる為、真に必要な時以外は会陰切開は必要ないのです。これをお産の進み具合が正常なママに対しても問答無用に切ってしまう事があるのであれば、それは「暴力」であると私は思いますしあってはならない事です。

このように一つ一つの項目をクライアントさんが理解し、納得し、自信を持って当日臨めるように準備していきます。正しい知識を持って初めてママとバースパートナーと赤ちゃん主導の素敵な出産が可能になるのです。

病院でガウンを着せられ、点滴をされた瞬間気分は患者さん。出産は病気ではない事を忘れないで下さい。

『良き患者である前に良きママであれ!』

 

 

ヒプノバーシングでは「いきまない」

ヒプノバーシングでは最後の最後まで「いきみません」。逆に「いきむ」という行為は実は産道を狭める事になってしまいます。

お手洗いで(小)を勢いよく出してみてください。膣が緩むどころかギュっと締まるのがお分かり頂けるかと思います。つまり最終段階でいきんでしまうと、赤ちゃんが産道でスタックしてしまい、辛い思いをさせてしまいます。お産が長引き、心拍が低下して医療介入が必要な状況へと発展してしまいます。

確かにとてもいきみたくなるのですが、そこを我慢して

『脱力しながら呼吸で優しく押し出してあげる』

のが最大のポイントです。勢いよく呼吸(鼻呼吸)を膣に向かって降ろして行くのですが、膣には決して力を入れません。そうすると赤ちゃんは『チュルーン』と出てきます。産道で押されない為に頭の形がとても素敵なのがヒプノバーシングベビーの特徴でもあります。何より殆どの場合、

『会陰が切れません』

なかなかの葛藤ではありますが、そこのポイントをクリア出来ると、キャサリン妃の様に出産からわずか7時間で高いヒールを履いて颯爽と歩くことが可能になるのです。