白金高輪海老根ウィメンズクリニック

白金高輪海老根ウィメンズクリニックにて出産部門の母親学級を本日担当させて頂きました。

http://ebine-womens-clinic.com

まだ日本では殆ど知られていないヒプノバーシングですが、周産期医療を知り尽くしている海老根真由美院長のクリニックにてクラスを担当させて頂けたこと、本当に光栄であり、嬉しく思います。

新しい命の誕生である妊娠・出産を穏やかでポジティブなものに導き、恐れを抱く女性たちを応援するヒプノバーシングのメソッドでこれからも一人ひとりのライフスタイルに合わせた丁寧なサポートが出来る医療を提供されていらっしゃる海老根院長を微力ながらバックアップさせて頂きたいと思います。

ヒプノバーシングベビー誕生(今日はヒプノバーシング30周年記念日)

今日はヒプノバーシング30周年記念日。そんなめでたい日に
ヒプノバーシングベビーに会いに愛育病院に行って参りました。
レッスン中もはなまるママとパパでしたが、赤ちゃんのために出来ることは全てやり切ったご夫妻のお産は
涙が出るほど素晴らしいかったです。
「泣かない」&「よく寝る」典型的なヒプノバベビーでした。

私は、ヒプノバーシングは出産に対する意識改革だと考えています。

例えば痛みを連想する言葉は全てポジティブな表現に置き換えます。
『陣痛』は赤ちゃんとママが織りなす『波』と表現します。
『赤ちゃんを取り上げる』のではなく『受け止める』のです。
どんな状況でも考え方は自由。であれば後ろ向きより前向きな方がいい。
いつの日かママと赤ちゃんに限りなく優しいこのメソッドが日本でも当たり前の様に
出産の選択肢の一つとなることを願っています。

今日は半夏生(ハンゲショウ)、タコを食べて元気倍増!

半夏生(ハンゲショウ)は9つある雑節のうちの一つです。夏至から11日目にあたる日、もしくはその日から5日間をいいます。現在の日本では太陽黄軽が100°に達する日を指します。

昨年に引き続き今年も7月2日に当たりました。

半夏生は畑仕事や田植えを終わらせる目安とされており、タコを食べる習慣があるのをご存知だったでしょうか?

この時期スーパーでタコが多く出回るのはこういう理由だったんですね。実はタコは優秀な食材なのです!。例えばタコに多く含まれる『タウリン』を見てみましょう。

タウリンは、大変重要な働きをするアミノ酸ですが、これはホメオスタシス作用という身体の恒常性維持に大切な作用があるからです。アミノ酸といえば、アミノ酸同士が結合すると、タンパク質になることが知られていますが、タウリンはほかのアミノ酸と結合せず、体内では遊離した状態で存在します。タウリンはあらゆる臓器に存在していてその合計量は体重の0.1%(体重60kgなら60g)に相当し、そのうち、脳、心臓、肝臓、骨格筋、網膜に多く含まれます。
私たちの身体には、体内の状態を一定に維持できるように調節する機能があります。
例えば、外の暑さや寒さなど、体外の環境に左右されずに体温や血圧が一定に保たれるのはこの機能が働いている結果であり、この機能は「ホメオスタシス(恒常性維持)」と呼ばれています。タウリンは、ホメオスタシス作用をもっており、体内の機能が働きすぎることを制御したり、機能が低下した時には改善させたりするなど、ヒトの身体が常に一定の生理作用の中で動くようにバランスをとっています。

 

もう一度わかりやすく、タウリンに期待出来る効果

  • 疲労回復
  • 肝機能の強化
  • 高血圧の改善
  • 血液浄化作用(悪玉コレステロールの除去)
  • 心機能の強化
  • 視力改善

さらに、タコには味覚障害の予防血行促進作用のある「亜鉛」も多く含まれています。

 

無類のタコ好きの娘が部活で疲れている時によく「あ〜タコのカルパッチョが食べた〜い」と言うのですが、そんな優秀な食材だと知っている訳もなく、体が本能的に欲するんですね。。凄いことです。

ちなみに今日の弁当のメインおかずは勿論『タコ』です(^^)

 

陣痛はなぜ痛い!?ズバリお答えしましょう。

陣痛は「鼻からメロン」など、その痛みの程を様々な表現で長年言い伝えられてきました。なぜそれほどまでに痛いのでしょう?その明確な答えを聞いた事がある方は実は意外に少ないのではないでしょうか。以下がそのメカニズムです。

怖い ⇨  緊張 ⇨ 痛み  FTPシンドローム

二十世紀初頭のイギリス人産科医であるDr. ディック•リードが提唱したFTP理論です。

 

 

ママに「怖い」という恐れの感情があると体が「緊張」し、呼吸が浅くなります。するとどうなるのでしょうか?

子宮は下記の図にある様に筋肉で構成されています。子宮口は縦の筋肉が収縮することによって開いていく訳なのですが、緊張して子宮口がロックされてしまうと、縦の筋肉ばかりが引っ張られて痛みが生じるわです。ロックしてしまうと分娩が長引く原因になり、結果として医療介入が必要なことへと発展してしまいます。

ヒプノバーシングの講義ではクライアントさんの潜在意識下に積もっている「恐れ」にアプローチし、ヒプノセラピーのテクニックを使ってポジティブなものへと変換していきます。ここが他のラマーズ法やソフロロジーetcと一番大きく違う点です。

ヒプノセラピーとは
  催眠と呼ばれる変性意識状態を利用して潜在意識に働きかけ
  心因性の問題の軽減・解消を図るセラピーです。
  1959年には英国医師会、1958年には米国医師会と米国心理学会が
  有効な治療法と認めています。

どうアプローチしていくかは長くなるので別な機会にブログでアップしていきますね。(日本では催眠=スピリチュアルなものと思われがちですが、ヒプノバーシングで使う催眠は全てエビデンスに基づいた生理学的アプローチです。

 

参考までに子宮は筋肉で出来ていますのでスポーツで使う筋肉と比べてみましょう。

短距離走の選手の場合:

正常な状態で走っているとき、まず足の後ろの筋肉が動き、そのあとに前の筋肉が動きます。この筋肉の動きは、意思に基づき、脳からの指令で行われているのですが、最新の研究からは、意思に関係なく働く自律神経も、筋肉に重大な影響をもたらすことが明らかになっています。緊張や焦りが生じると、自律神経が作用し、筋肉をこわばらせる「反射」という現象を過剰に引き起こしてしまいます。速く走るよう精神的なプレッシャーがかかると、本来交互に動くはずの筋肉が、同時に動き、『逆にスピードダウンしてしまうわけなのです』。 ⇦ 出産に時間がかかってしまうのと同じメカニズムですね。

                   『大事なのは リラーーーーックス』

「渋谷のラジオ」に出演させて頂きました

本日9時より「渋谷のラジオ」に出演させて頂きました。

今や全国に広まる渋ラジの波!間も無くアプリが10万ダウンロードに届きそうとの事。
本日の内容は↓こちらからどうぞ。
https://note.mu/shiburadi/n/nf175da233237

子育て世代のお母さんの新企画第一弾ということで「私でいいのだろうか」と思いつつ楽しませて頂きました。本日のテーマは2019年6月9日に始まりました「渋谷区子育てネウボラ」

ネウボラはフィンランド語で『アドバイスの場』という意味です。渋谷区のママ 達が不安なく喜びの多い子育てができる様渋谷区がサポートを行う新しい仕組みです。

https://www.city.shibuya.tokyo.jp/kodomo/neuvola/

この様な企画にお呼び頂けて大変光栄です。
ヒプノバーシング を通して渋谷区を始め多くのママ達のお役に立てればこれほど嬉しいことはありません。
エビデンスに基づいた正確な情報をママ達にお届けして参ります。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

 

ヒプノバーシング ベビー誕生!

6月11日、ヒプノバーシング ベビーのアラン君が穏やかに誕生しました。
ブルーグレーの瞳がとっても素敵なハンサムボーイです❤️
子宮の波(陣痛)の真っ最中にママからとても嬉しいメッセージを頂きましたのでご紹介したいと思います。

『こんなに幸せな気持ちでお産に臨むことができるなんて生きていてよかった、生まれて良かった、と心から思います。波と波の間の静かな時間に幸せすぎて感動して涙を流す事もありました』

『こんなにお産はハッピーなんだよ、と沢山の人達に知ってほしいです』『Pay Forwardで私も誰かに幸せを伝えていきます』

もう感動で涙。

最初は『痛がりなんです』と不安そうだったママの表情がセッションを受けるごとに明るくなり、最後は不安や恐れから解放されて出産が待ち遠しくなっている様子がとても嬉しかったです。

波(陣痛)の間、彼女は真っ青な澄んだ海で旦那様に抱えられながらイルカと戯れていたそうです。イメージの力は凄いですねー。ちなみに私はハンググライダーをずっとやっていたせいかフワフワの雲の上に乗っていました(^^)

赤ちゃんが誕生する度に抱っこ出来るこの幸せ!これからのベビー達の成長がとても楽しみです。

ヒプノバーシング

オキシトシン(幸せホルモン)を出しましょう〜

前回のブログでは陣痛促進剤の側面からオキシトシンについて述べましたが、本日は本物のオキシトシンについて考えていきたいと思います。ヒプノバーシング の講義ではクライアントさんを出来る限りオキシトシン体質に持って行きます。

オキシトシンの別名

「幸せホルモン」「恋愛ホルモン」「抱擁ホルモン」「信頼ホルモン」「絆ホルモン」「思いやりホルモン」「癒しホルモン」

いい事だらけなこのホルモン、出産時には陣痛を促進する薬として使用されますが、神経伝達物質として私たちの体内で本来分泌されているものであります。

『人工的に投与しなくても自力で出せます!』

ではどうしたらオキシトシンが出せるのでしょうか。

オキシトシンによるヒトとイヌの関係性 菊水健史)」という麻布大学の研究チームによる論文が、アメリカ『サイエンス』誌に掲載され、世界でも話題になりましたが、

(↑この論文のP4、5是非読んでみて下さい

この

『触れ合い』

がポイントです。男女間の触れ合いが一番効果は高いですが、以下を参考にしてみて下さい。

  • 感動する
  • 感情を素直に表す
  • 親切を心がける
  • 思いやりの気持ちを呼び覚ます
  • ほ乳類とのスキンシップ
  • スキンシップ
  • 家族団らん
  • 友達と食事をする
  • 友達とカラオケにいく
  • おしゃべり
  • プレゼントを贈る
  • 人に料理を作る

 

現在妊活中の方、これから出産を控えている方、パートナーとの運命の出会いがすぐそこにあるであろう方、今ちょっと元気がない方、共通して言える事は体をオキシトシン体質にしてあげる事です。自己免疫力が上がる為、体調が良くなったり気持ちが前向きになった事を実感できる様になるでしょう。

さて、オキシトシンが分泌されるとどういう感情が働くのでしょうか。

  • 母性行動が潤滑に発現する(子の正常な発達を促す)

無痛分娩ではママから分泌されるオキシトシンの量は10分の1まで減ってしまいます。近年自閉症とオキシトシンの関係が研究されていますが、自然であることにやはり大事な大事な意味があるのでは?と思わざるを得ません。

  • 母子の絆を強める
  • 幸せな気分になる
  • 脳・心が癒され、ストレスが緩和する
  • 不安や恐怖心が減少する
  • 他者への信頼の気持ちが増す
  • 社交的になり、人と関わりたいという好奇心が強まる
  • 親密な人間関係を結ぼうという気持ちが高まる
  • 学習意欲と記憶力向上
  • 心臓の機能を上げる
  • 感染症予防につながる

IT時代の今、職場でも電車でも喫茶店でも歩いている時も食事中でさえ手にしているのはスマホ。

「オキシトシン不足」は危機的状況です。

 

妊娠も出産も育児もご自分の生活環境、心の状態、ストレス度合いが大きく関係していますので何か普段と違う動作を是非取り入れてみて下さい。(花を愛でる、映画を見る、旅行に行くetc)現在お子さんがいらっしゃる方は我が子に触れて下さい。オキシトシンはスキンシップで増幅するという特徴があります。お腹に赤ちゃんがいる方は赤ちゃんと会話をして下さい(ちゃんと通じています)。お腹の赤ちゃんと会話をする事で産後の育児がスムーズにもなります。

私は現在10歳と12歳の子供がおりますが、赤ちゃんの頃から欠かさず続けているのが背中のマッサージ。ベビーの時に限らずマッサージは何歳になっても情緒の安定に役立ちます。特に自律神経が集中している背骨沿いを上下に。

オキシトシンは5分ほどふれていると分泌される特徴があり、ふれるのをやめたあとも、10分くらいは分泌され続けます。子どもや赤ちゃんを抱っこした後に、しばらくほのぼの幸せな気分が続いたりしますが、それはオキシトシンのそんな性質によるものなんですね。お腹から出て不安で一杯の赤ちゃんには益々必要な事です。

これから出産を控えているお母さん、出産直後のカンガルーケアで(生まれてすぐ、へその緒が繋がったまま肌と肌が触れ合う瞬間が一番オキシトシンが分泌され、赤ちゃんに移行する瞬間です)赤ちゃんを安心させてあげて下さい。毎秒50,000ずつ増えていく脳の神経細胞が然るべきところにスムーズに到達出来るよう、小さな命の成長を守ってあげましょう。

未熟児で生まれ、保育器で育っている赤ちゃんもママの肌で温めてスキンシップを取る事で成長が大きく促されるんですよ。

Miracle baby, born 370 grams at 24 weeks

というタイトルのYou Tube動画を是非ご覧になってみて下さい。 私は感動し過ぎて号泣でした。

バースプランの重要性 『良き患者である前に良きママであれ!』

最近は病院でバースプラン(出産時の希望)の提出を求められる事が増えてきました。が、初産のママの多くは

「一体何を書けばいいのだろうか」

と困ってしまう事が多いのではないでしょうか。ですが、バースプランは出産においてとても重要です。ヒプノバーシングのクラスではこのバースプランにたっぷり時間をとってレクチャー致します。

あなたとバースパートナーが、あなたと赤ちゃんにとって最も自然で、優し く、満足のいく出産にするためにはどうしたらいいか、明確なビジョンを持っていたなら、「あのとき、あ の人たちが、、、しなかったら。。。」「本当は、、、、したかったのに。。」と後悔することはなくなるでしょう。

出産があなたと赤ちゃんにとってポジティブで健康で安全なものにするために は、しっかり準備をし、プランを作ることが一番です。

まずは、あなたの出産がむやみに『医療的な出来事』にされることのないように、あなたの 望みや哲学を聞き入れてくれるメディカル・ケアギバー(医師、助産師、看護師等)を選ぶ 必要があります。

次に、医師や助産師の方と妊娠の早い段階から話す機会を持ち、出産前ぎりぎりまで先延ばしに することがないようにしましょう。そして、あなたにとって大切なことを具体的にプランに 書いて渡します。

ヒプノバーシング のクラスではお産の開始時、入院時、開口期、赤ちゃんの下降時、赤ちゃんの誕生時、又、生まれた赤ちゃんに対しての対応など細かく細かく具体的なプランを作成していきます(A4 x 4枚)

例えば会陰切開について:

深くリラックスしていきまず出産に臨む時、赤ちゃんはゆっくり会陰を伸ばしながら生まれてくる為、真に必要な時以外は会陰切開は必要ないのです。これをお産の進み具合が正常なママに対しても問答無用に切ってしまう事があるのであれば、それは「暴力」であると私は思いますしあってはならない事です。

このように一つ一つの項目をクライアントさんが理解し、納得し、自信を持って当日臨めるように準備していきます。正しい知識を持って初めてママとバースパートナーと赤ちゃん主導の素敵な出産が可能になるのです。

病院でガウンを着せられ、点滴をされた瞬間気分は患者さん。出産は病気ではない事を忘れないで下さい。

『良き患者である前に良きママであれ!』

 

 

ヒプノバーシングママとベビー集合

この2ヶ月間で無事出産されたヒプノバーシングママとベビーが集合してくれました。

皆さんの予定日が近づき「どうしたかな、生まれたかな」と落ち着かない日が続いておりましたが、こうして集まって頂き、元気なママと赤ちゃんに会えた瞬間心からホットして何とも言えない幸せな気持ちになります。

出産までの道のりはそれぞれ全て違うストーリーがありますが、ヒプノバーシングのメソッドが産前から産後までお役に立てている事を大変嬉しく思います。

出産時の『究極の集中』はスポーツ選手の『ゾーン』と同じ

私は大学の頃からハンググライダーという特殊なスポーツを15年近く競技としてやっていた根っからのアスリート(一応元日本代表)である為、スポーツ選手の『ゾーン』という状況を何度も経験した事があります。日頃から

『出産はゾーンと同じかもしれない』

と漠然と思っていたので頭を整理しがてら検証してみました。結果として自分的には大きな発見となりました。

 

■どうすればゾーン体験が出来るのか?

「日常生活の心理学に関して、今世紀最高の研究者」と言われている1970年代にシカゴ大学心理学科の教授だったミハイ・チクセントミハイが提唱した「フロー」という概念を参考にしてみましょう。フローは、ゾーンと同様に究極の集中状態を意味するものです。つまり、自分自身の「心理的エネルギー」が、100%、今取り組んでいる対象へと注がれている状態を表します。
この状態が満たされるためには、以下のような要素が必要となってきます。

1_2

1.自分の能力に対して適切な難易度のものに取り組んでいる
取り組んでいる内容が、自分の能力と照らしあわせて難しすぎず、簡単すぎずであり、全能力を出しきることを要求されるレベルにあること。
そして、それをやり通すことによって、その自分の能力が向上するような難易度であること。

出産において:

出産は特別なことではなく、『自然』で『普通』で『健康』なこと。本能で女性は穏やかに出産する能力があるということを理解した上で出産に向けて呼吸やイメージトレーニングなどの練習をできる限り取り組む。

 

2.対象への自己統制感がある
取り組んでいるものに対して、自分がコントロールができるという感覚、可能性を感じていること。

出産において:

不安そうだった初回のママの表情

3回目あたりから明るくなり、出産が楽しみになって来る(自然である事の大切さと、それが普通で当たり前である事に納得)

最終回では出産日が待ちきれなくなっている(ママとパートナーの2人で行なうエクササイズを通して、互いの信頼を深め、サポートの仕方、受け入れ方等を自然と身に付け、心を開き合い出産に臨みます)

出産がもはやワクワクにしか感じられなくなっている。(パートナーとの不安要素もレッスンのワークで解消している。怖いものはもはや何も無い!)

 

3.直接的なフィードバックがある
取組んでいることに対して、即座に「それは良いか、よくないか」というフィードバックが返ってくること。自分の内面的感覚で良し悪しが即座に分かることがこれに当てはまる。

出産において:

毎日CDを聞き、呼吸やイメージトレーニングをしているうちに自分が「スーッと」深いリラックス状態に入っていくのを実感出来るようになる。日々の呼吸を意識出来るようになる。出産時においてはリラックスして呼吸の流れがスムーズであれば『痛みが少ない、もしくは無い』。やや不快な感覚があったとしても自分のコントロール出来る範囲である。

 

4.集中を妨げる外乱がシャットアウトされている
取組対象以外のことが自分に降り掛かってくることがなく、対象にのみ集中できること。

出産において:

自分が納得した出産環境で赤ちゃんと深〜くリラックスした状態で出産に臨んでいる状況。ヒプノバーシングでは最終的に到達するリラックスレベルは(アルファ→ベータ→シータ→デルタ)まで目標としています。

出産は上記の4要素全てが含まれており、これらの要素が満たされると、自分の「心理的エネルギー」は、よどみなく連続して、100%その対象に注ぎ込まれるようになり、これによりとてつもない集中と、楽しい感覚が生み出されます。

このような状態を「フロー体験」と呼び、この状態にある出産中のママは時間の流れを忘れ、ひたすらそのことに没頭し、得も言われぬ高揚感に包まれます。「フロー体験」をしているとき、人は自分自身の能力を最大限に発揮し、自分にとって最も心理的エネルギーを発揮して取り組むため、そのプロセスを通して、自分の能力そのものと、より複雑なものへと取り組む力が向上し、この繰り返しを行うことによって、自分が成長していき、それが積み上がっていくわけです。

 

アスリートじゃなくても出産でゾーン体験ができるなんて奥が深いですね。

 

一生のうちで何度もないこの貴重な経験を『促進剤』を使ってペースを乱してしまったり『ブスっ』と麻酔を打って終わらせてしまうのは勿体なさすぎると私は思います。